気になる木情報局

気になる木情報局は、日々の気になる情報をまとめて紹介していきます。
皆様のお役にたてる情報なども紹介していきますので、よければ見に来てください。

    カテゴリ: 芸能



    1 ヴァイヴァー ★ :2019/01/17(木) 02:15:39.53

    NGT48荻野由佳の所属事務所が「ファンとの個人的な交流」を完全否定 今後は法的手段も辞さず

    芸能事務所ホリプロは1月16日、所属する「NGT48」荻野由佳さんについて、ネット上で広まる荻野さんとファンとの個人的な交
    流について「一切行っていません」と否定する声明を発表した。

    さらに「今後、本人の名誉を毀損するような行為があった場合には、当社として厳正な対応をとらせて頂きます」と強い姿勢で
    臨むとしている。

    「NGT48」の山口真帆さんへの暴行容疑で男2人が逮捕された事件(不起訴処分)をめぐり、グループを運営するAKSがなかなか
    詳細を明らかにしないことから事件発覚後の1月9日から情報が錯綜。真偽不明の噂が現在もネット上を駆け巡っている。

    荻野さんについても、山口さんを襲った男2人が所属するファングループの一人と見られる男性との2ショット写真などがネット
    上で拡散。山口さんが襲われた事件とあたかも関わりがあったとの噂が流れた。

    荻野さんは1月13日、一連の騒動でファンに心配をかけたことをTwitterで謝罪。その上で「私は今までもこれからもファンの皆
    さんを悲しませる事や、裏切るような事は絶対にしません」とコメントしたが、この投稿には「こいつ何言ってんだ」「犯人側
    なんですよね」などの心無い言葉が寄せられていた。

    1月16日の発表

    発表では、この写真はホリプロイベントでの特典ツーショットであり、さらに荻野さん本人ではない人物の写真と合わせて掲載
    されたことで「当社所属のNGT48荻野由佳が、あたかもファンとの個人的な交流があるかのような憶測がネット上でなされてい
    ます」と現状を説明。

    その上で「荻野由佳は、ファンとの個人的な交流は一切行っていません」と完全に否定。今後SNS上で同様の投稿があった場合、
    法的処置も辞さないとした。

    いまだ収拾がつかない、今回のNGT48の事件。AKS側は1月14日に弁護士や有識者らで構成される第三者委員会を設置し、メン
    バーに不適切な行動がなかったかを調べると今後の対応について発表した。

    ファン、メディアの関心は事件に関わったとされるNGT48の一部メンバーの特定に移っており、噂を理由にそれぞれのメンバー
    への誹謗中傷も行われている。

    NGT48の正規メンバーの多くが体調不良を訴えていることから、開催が予定されていた劇場公演のうち、正規メンバーが出演す
    る2公演を中止し、25~31日の公演をすべて研究生公演にすることが15日に発表されていた。
    https://www.buzzfeed.com/jp/tatsunoritokushige/ngt48nogahuxantononao-hamosazu

    NGT48 荻野由佳が成人式 「総選挙で奇跡起こしたい」

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 Youtube)


    【NGT48】ホリプロ、荻野由佳の「ファンとの個人的な交流」を完全否定 今後は法的手段も辞さず★3
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547650035/


    【【NGT48】ホリプロ、荻野由佳の「ファンとの個人的な交流」を完全否定 今後は法的手段も辞さず】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/11(金) 06:51:32.29

    さおちゃん、お疲れ様―。
    10日、現役引退会見に臨んだレスリング女子の吉田沙保里さん(36)には、高校時代に6回告白して6回フラれた同級生の男性がいる。
    後に国民栄誉賞を受賞する五輪V3女王が「きんちゃん」との呼称で熱烈に想(おも)いを寄せた三重県名張市の会社員・北森久史さん(36)が、
    スポーツ報知の取材に応じ「結婚して、第2の吉田沙保里を育ててほしいです」と女性としての幸福を願った。

    霊長類最強女子がマットを去ることを表明した8日午後、北森さんはLINEを送った。
    「さおちゃん、本当にお疲れ様でした」。すぐに返信があった。「きんちゃん、ありがとう」

    今も吉田さんとの友人関係が続いている北森さんは「東京五輪を目指すと思っていたので予想外でしたけど、今はただ『お疲れ様でした』とだけ伝えたいです」と話した。
    そして、引退会見で「女性としての幸せ」を願ったクラスメートに思いを重ねた。
    「やっぱり結婚して幸せになってほしいですし、第2の吉田沙保里を育ててほしいな~って思いますよ」

    三重県立久居高スポーツ科学コースのクラスで3年間、ずっと一緒だった。
    「めっちゃ仲良くて、ずっと一緒に話してるくらい。素顔のさおちゃんは…皆さんがテレビで見るまんまです」。
    小中学校時代、元西武の岡本篤志投手(37)とバッテリーを組んだ経験もある野球部の主砲に、吉田さんは恋をした。
    一途(いちず)に想い、6回告白した。そして…6回フラれた。
    「断って、気まずくなって、また仲良くなって、の繰り返しでした。周りは『付き合ったらえーやん』って言うし…」

    「ごめん」の理由は、恋愛対象外だったからではない。
    「レスリングの邪魔になっちゃいけないと思いましたし、さおちゃんはすぐ金メダリストになって有名人になると分かっていました。自分が付き合うような人じゃないって」

    沖縄への修学旅行中、決意は揺るぎないものになった。
    「浜辺で野球部全員が一人ずつ相撲を挑んだんです。みんな体も大きいし、さすがに勝つと思ったんですけど、高速タックルで全員一撃でした。ホント速すぎて見えないんですよ!」

    クラスで男子がケンカを始め、吉田さんに「きんちゃん、止めて!」と言われた時は相反する感情が交錯した。
    「女の子っぽいトコあるじゃん…と思いつつ『お前がタックルすれば一秒で止まるわ』と思う自分もいました…」

    最後の告白は卒業式の後、校舎の陰で。「付き合ってよ。付き合って…ください」。
    事前に、吉田さんの母・幸代さんからも「きんちゃん、お願い」と連絡を受けていたが、断腸の思いで信念を貫いた。
    「あの頃、さおちゃんと付き合ってたらどうなってたんだろうなーって思ったことは…ありますよ」

    20代で結婚し、今は2男1女のパパになった北森さんは願う。
    「家族ぐるみの仲になったら楽しいだろうなあ、なんて思います」(北野 新太)

     ◆「嫌いじゃない。住む世界が違う」

    あの夏から15年が過ぎた。アテネ五輪直前の2004年6月、吉田さんの母・幸代さんから「沙保里はクラスメートの『きんちゃん』に6回告白して6回フラれたんですよ」と聞いた。

    「きんちゃん」なる男性を探す旅を始め、ようやく会えたのは同年8月23日深夜、2人の母校・久居高の体育館。
    吉田さんが初の金メダルに挑む決勝が映し出されたパブリックビューイング会場だった。
    北森さんは記者の直撃を笑顔で受け入れ「嫌いだったわけじゃないんです。
    さおちゃんと僕じゃ住む世界が違うから、友だちでいた方がいいと」と爽やかに語ってくれた。

    翌朝のテレビで、徳光和夫さんは現地スタジオの吉田さんに尋ねた。
    「吉田さん、6回もフラれたんですか! 日本の新聞の1面に載ってますよ!」。
    真っ赤にした顔を「恥ずかし~!」と手で覆いながらも、どこかうれしそうな金メダリストの姿を今でもよく覚えている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15856774/
    2019年1月11日 6時14分 スポーツ報知


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 i1.wp.com)


    【【レスリング】吉田沙保里さんを6回フッた男、「ごめん」の理由は…】の続きを読む



    1 muffin ★ :2019/01/10(木) 11:12:39.95

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201901100000132.html
    2019年1月10日9時34分

    T.M.Revolution西川貴教(48)が、たばこ臭いタクシーに「運転手が吸うてどうすんねん!」と苦言を呈した。

    西川は9日更新のツイッターで「タクシーに乗ると、ものすごくタバコ臭い車両がある。何なら今まで吸ってましたよね?ってくらいモクモクのものも…」と書き出した。

    続けて「これから東京オリンピックや大阪万博が控えてますし、お客様をお乗せするならタバコは車内で吸うのやめてもらえませんか」と苦情。
    「て言うか客に『禁煙』言うてて、運転手が吸うて!」とツッコミを入れた。


    (出典 www.nikkansports.com)


    【【芸能】西川貴教がタバコ臭タクシーに苦言「客に『禁煙』言うてて、運転手が吸うてどうすんねん」】の続きを読む



    1 湛然 ★ :2019/01/08(火) 05:11:16.60

    1/8(火) 5:00 オリコン
    米ドラマ『24』初の日本版リメイク テレビ朝日で2020年度放送

     アメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が、凶悪なテロ事件と戦う姿を描き、日本でも大ブームを巻き起こした米国ドラマ『24』(邦題:『24-TWENTY FOUR-』)が、日本でリメイクされることがわかった。テレビ朝日と20世紀FOXがタッグを組み、初の日本版『24 Japan』を制作、「テレビ朝日開局60周年記念番組」として2020年度に放送される。

     原作となるドラマは、1シーズン(全24話)をかけて1日24時間の出来事をリアルタイムで描くという革新的なスタイル、そしてスピーディーかつスリリングな展開で視聴者を圧倒した。世界的大ヒットシリーズとなり、日本でも最も有名な米国のテレビドラマシリーズのひとつとなった。

     日本版でもフォーマットはそのままに、国際ネットワークやコンピューターの進歩、防犯システムの発展、国際情勢の激変など、オリジナル版の放送が始まった2001年から様変わりした“2020年の最新テクノロジーと世界情勢”も盛り込みながら、手に汗握る“日本初のリアルタイムサスペンス”を最大スケールで展開する。

     オリジナル版のシーズン1では、のちにオバマ大統領の就任で現実となった“米国史上初のアフリカ系アメリカ人大統領”が誕生するまでの24時間を描写した。日本版ではテロのターゲットを女性総理大臣候補に変更し、日本初の女性総理が誕生するまでの24時間を克明に描く。また、日本版ジャック・バウアーの過去の任務は“海外での邦人人質救出”と“テロ用の化学兵器工場の爆破”に変更。日本の制度や文化に基づいて設定を適宜更新し、日本版ならではのリアルな世界観と新たな刺激を追求していく。

     ジャック・バウアーに該当する捜査官は誰か演じるのか? キャスティングも気になるところ。同ドラマは、「AbemaTV(アベマティーヴィー)」や「ビデオパス」といった動画配信サービスとも連携。刺激に満ちた多角的なプロジェクト展開も期待したい。


    世界的大ヒットドラマ『24』をテレビ朝日がリメイク。日本版ジャック・バウアーは誰が演じるのか!?

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000320-oric-ent


    【【ドラマ】米ドラマ『24』初の日本版リメイク テレビ朝日で2020年度放送】の続きを読む



    1 (^ェ^) ★ :2018/12/28(金) 07:16:27.04

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12184-45013/

    ローラが25日に、「クリスマスはわたしの親友の地元ミシシッピにきたよ~!」と報告
    「野生動物たちにいっぱいご飯をおいたよ」と野生動物と触れ合った様子をコメント
    「自然の生態系を壊す可能性がある」と批判が殺到、騒動に発展し、ローラは投稿を削除


    (出典 news.nifty.com)


     タレントのローラが、自身のインスタグラムで明かしたある出来事が話題になっている。

     ローラは25日に自身のインスタグラムを更新。「クリスマスはわたしの親友の地元ミシシッピにきたよ~!」と報告し、芝生の上に座りこみ、大きく足を広げてリラックスしている自身の写真を披露した。また、その後は大型客船をバックに撮影した自身の写真も投稿し、「ミシシッピの橋をみたあとにお庭にやってくる野生動物たちにいっぱいご飯をおいたよ~…明日の朝どうなってるかな~」とコメント。地面の上に置かれた穀物などのエサの写真もアップしていた。

     これに対し、ファンからは「素敵ですね!」「野生動物と触れ合えるといいですね」といった声が集まっていたものの、一部ネットユーザーからは、「自然の生態系を壊す可能性がある。無責任すぎ」「人と動物との距離を取らないと自然の摂理が崩れる」「動物達は一回のご飯だけでは生きていけません。ローラさんの置いたご飯がまたあると思ってやってきますよ」といった指摘や批判の声が殺到。騒動に発展し、ローラは投稿を削除している。

     「日本国内では、東京都環境局が『野生動物への餌付け防止のお願い』を出している通り、動物と人とのトラブルに繋がりかねないというリスクがあるため、野生動物への餌付けをしないように注意されています。これまで自然保護を訴え続けてきたローラですが、思わぬ形で認識の甘さが露呈してしまった形になってしまいました」(芸能ライター)

     また、18日にローラがインスタグラムのストーリー機能で呼びかけた辺野古埋め立て中止署名への呼びかけも、いまだ尾を引いているという。

     「賛否呼んだ署名への呼びかけですが、今回のローラの行動に対して、アンチファンからは『自然を守りたいからって呼びかけてたのに自ら自然を壊してどうするの?』『一時の感情だけでやってるっていうことがよく分かった』という厳しい声が噴出。投稿が削除されたいまもなお、ネット上で批判が相次いでいます」(同)

     これまで自然保護に取り組み、SNSでも発信してきたローラ。この失敗がすべてを無駄にさせてしまうのはあまりにも惜しいが、果たしてローラが騒動に対応することはあるのだろうか。


    【【タレント】ローラ、“野生動物の餌付け”投稿が炎上、削除 「生態系壊す」の指摘相次ぐ】の続きを読む

    このページのトップヘ