気になる木情報局

気になる木情報局は、日々の気になる情報をまとめて紹介していきます。
皆様のお役にたてる情報なども紹介していきますので、よければ見に来てください。



    1 ひかり ★ :2019/02/02(土) 15:41:32.80

    俳優のムロツヨシが1日深夜、自身のツイッターを更新。
    「こっから、また、応援しよう、(^^)」とつづった。

    ムロは同日19時頃に、強制性交容疑で警視庁に逮捕された、親交の深い俳優・新井浩文容疑者へのメッセージと思われるコメントを投稿。「この時に、呟かないような関係ではないんです、呟きます、」と
    ツイートし、続く投稿で「目を見て、悪いことをした、と言ったら、思いっきり、叱ります、嫌という程、叱ります、それだけです、まだ目を見てない、だから俺は普段通り、これから飲みいってくるよ、
    来れそうだったら連絡してな、いってくるね」と記した。

    そして、新井容疑者の所属事務所が公式サイトで「本日、弊社所属俳優の新井浩文が女性への暴行容疑で逮捕されました」などとコメントを掲載した後のタイミングで、再びムロはツイッターを更新。
    「こっから、また、応援しよう、(^^)」と顔文字付きでつづった。

    この投稿に、新井容疑者についての言葉ととらえた人からは「本気で叱って側にいてくれる友達がいるって人生の財産だと思います。ムロさん」「ムロさんっ、軌道修正してあげてください」
    「ムロさん、ヤツの事頼むよ!」といったコメントが続々。一方、この日は、サッカー・アジア杯決勝の日本対カタール戦で日本が敗れたこともあり、「えっ!サッカーの話ですよね!」
    「え、サッカーの話でしょ?普通に」とサッカーについてのコメントととらえた人もいる。

    マイナビニュース
    https://news.mynavi.jp/article/20190202-766222/

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1549083029/


    【【芸能】ムロツヨシ「こっから、また、応援しよう」再び新井浩文容疑者に言及か】の続きを読む



    1 Egg ★ :2019/02/01(金) 07:06:14.37

    アジアカップ決勝で日本代表と対戦するカタール代表だが、大会8得点のエースを含む2選手が代表資格を満たしていないという疑いが浮上しているようだ。
    UAEメディアの報道で30日に発覚。31日に行われた前日会見では、現地メディアからカタール指揮官に対して次々と厳しい質問が浴びせられた。

    『アル・イテハド』『ザ・ナショナル』など複数の現地メディアによると、。
    スーダン出身のFWアルモエズ・アリ(22)、イラク出身のDFバッサム・アルラウィ(21)がカタール代表としての出場資格を持たないのではないかという内容だ。

    根拠となったのは国際サッカー連盟(FIFA)規則の第7条。「18歳になった後、関係する協会の域内で少なくとも5年間にわたって暮らした選手」に代表選手の資格が与えられるという項目だ。
    父母が国籍を持つ場合などはこの限りではないが、上記2選手はいずれの要件も満たしていないという。

    この嫌疑は今月29日、準決勝でUAEがカタールに0-4で敗れた直後に噴出した。アルラウィはこの試合に出場停止だったが、アリは大会記録タイの通算8点目となる得点をマーク。
    国交断絶中の両国の対戦ということもあり、UAEファンがカタールの選手にサンダルやボトルを投げつけるという不穏な出来事もあったが、この疑惑によってさらなる波紋が広がっているようだ。

    31日の公式会見では、現地メディアからカタールのフェリックス・サンチェス監督に対し、この件をただす質問が次々に飛んだ。だが指揮官は「われわれは明日の試合だけにフォーカスしていて関与していない」と立て続けにコメント。
    「これまでと同じように取り組んで、最後まで戦って優勝を目指すだけだ」と問題への返答を避けた。

    UAEメディアによると、AFCはUAEサッカー協会からの抗議を受けたことを認めつつ、AFC規則に従って対処するというコメントを発表するにとどめた模様。
    日本との決勝戦の前に何らかの判断が下されるかどうかは定かではないという。

    1/31(木) 22:12配信ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-23892127-gekisaka-socc

    1 Egg ★ 2019/01/31(木) 22:17:22.88
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1548940642/


    【【サッカー】<カタール>大会8得点のエースを含む2選手が代表資格を満たしていないという疑いが浮上!UAEはAFCへ抗議文を提出】の続きを読む



    1 Toy Soldiers ★ :2019/01/31(木) 06:37:28.37

    Mi2さん(@YES777777777)からのツイート  
    【瀬取りあり得ない】レーダー照射問題で、玉川徹の『瀬取りに近いことをやっていたのではないか』説について、青木理「瀬取りとかいう可能性は、ほぼないと思う。北朝鮮に制裁してる、あり得ない」玉川徹「あり得ないってなんで言えるの?なんのために火器管制レーダーやったの」

    17:04 - 2019年1月28日
    https://twitter.com/YES777777777/status/1090053102584168449

    青木理氏の発言詳細
    「玉川さんあえて言ったと思うんだけど、瀬取りとか言う可能性は、ほぼ無いと思んです。
    そんなことを韓国軍が、あるいは韓国政府当局がそんなことしてたら国際的な非難はもの凄いことになる。北朝鮮に対して制裁してるわけですから、そんなことはあり得ない」


    【国連・最終報告書】韓国が無断で制裁対象の石油製品を北朝鮮に大量に持ち込んでいた★17
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548882605/

    >「韓国が国連に無断で制裁対象の石油製品を北朝鮮の開城工業団地に大量に持ち込んでいた」と指摘しています。

    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000146441.html
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【韓国】青木理「韓国の瀬取りは、ほぼ無いと思んです。そんなことしてたら国際的な非難はもの凄いことになる」→韓国が瀬取りに関与】の続きを読む



    1 みつを ★ :2019/01/30(水) 06:23:28.09

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190129/k10011795491000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_032

    景気回復 なぜ実感ないのか?
    2019年1月29日 17時52分

    「アベノミクス」と呼ばれる経済政策とほぼ時を同じくして始まった今回の景気回復。世界経済の回復が続き、好調な企業収益がけん引する形で戦後最長に達した可能性が高まりました。一方、家計にとっては恩恵を受けている実感に乏しいのが実情で、専門家からは「最長だが、最弱の景気」という評価も聞かれます。どうしてでしょうか。

    給料↑も“自由に使えるお金”伸びず

    まず、総務省の「家計調査」で2人以上の勤労者世帯の自由に使えるお金、「可処分所得」の推移を見てみます。

    これまで景気回復の最長記録だった「いざなみ景気」の終盤にあたる平成19年にはひと月平均44万2000円余りでしたが、おととしはひと月平均43万4000円余りと、わずかに減少しています。

    これに対して「社会保険料」の負担は、平成19年がひと月平均4万7000円程度なのに対し、おととしはひと月平均でおよそ5万6000円まで増えています。

    政府は経済界に対して繰り返し賃上げを要請し、企業もこれに答える形でベースアップやボーナス増額の動きが広がってきました。

    しかし、社会保険料などの負担も増えているため、多少給料が上がっても自由に使えるお金は大きく伸びず、生活が豊かになった実感が得られにくい要因の1つになっているのです。

    非常に緩やかな成長 実感難しい

    また経済成長の勢い自体が非常に緩やかであることも要因の1つです。

    内閣府によりますと、東京オリンピックの翌年の昭和40年11月から昭和45年7月まで4年9か月続いた「いざなぎ景気」では、実質GDPの平均成長率は11.5%。「バブル景気」では5.3%でした。

    これに対し、今回の景気回復では平均で1.2%にとどまっています。日本は平成22年にGDPの総額で中国に抜かれ、アメリカに次ぐ世界第2位の経済大国の座を明け渡しました。

    その後、おととしには中国のGDPの総額は日本のおよそ2.5倍まで拡大。10年かからずに、日本の倍以上の経済規模に成長したことになります。

    中国が急成長を遂げる一方、低成長が続く日本は、「右肩上がり」と言われた時代のように景気回復の実感を持つことは難しくなっています。
    (リンク先に続きあり)

    ★1のたった時間
    2019/01/30(水) 00:56:10.11

    前スレ
    【NHK】景気回復 なぜ実感ないのか? 給料↑も“自由に使えるお金”伸びず ★2
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548786117/


    【【NHK】景気回復 なぜ実感ないのか? 給料↑も“自由に使えるお金”伸びず】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2019/01/29(火) 05:07:36.91

    1/29(火) 0:51配信
    森保ジャパン、エース大迫の2発と原口弾で決勝へ! イランとの大一番を制してアジア王者奪還に王手

    日本代表は28日、アジアカップ2019準決勝でイラン代表と対戦し、3-0で勝利した。この結果、日本は優勝した2011年大会以来、2大会ぶりの決勝進出を決めた。


    2大会ぶり5度目の戴冠へ邁進する日本が、FIFAランキングでアジア最上位の29位に位置するイランと対戦。日本を率いる森保一監督は、1-0で勝利した準々決勝のサウジアラビア戦から北川航也に代えて負傷明けの大迫勇也を1トップで起用する1点を変更した。

    先にチャンスを迎えたのは日本で17分、柴崎の左CKからファーサイドの吉田麻也がヘディング。このシュートは枠を捉えることができない。さらに19分には右サイドを崩すと、最後はボックス左の堂安律が左足でシュート。しかし、これはわずかに枠の右にはずれた。

    逆に22分には日本がピンチを迎える。ボックス右に進入してきたアズムンに柴崎岳が交わされてシュートに持ち込まれる。枠の右を捉えた決定的なシュートだったが、これはGK権田修一が左足一本のビッグセーブを披露し、得点を許さない。

    ハーフタイムにかけては攻撃の色を強めたイランがフィジカルに強さを全面に押し出してくるが、身体を張った守備と集中を維持した日本が得点を許さず、0-0のまま前半を終えた。

    迎えた後半、日本は56分に試合の均衡を崩す。柴崎の縦へのボールをさばいた大迫のパスに南野が反応。ボックス左で仕掛けた南野は相手との接触で倒れるも、ノーファウルに。イラン選手陣が主審にシミュレーションを主張する中、インプレーとなっていたことを見逃さなかった南野がすぐさま立ち上がって左サイドでクロス。中央でフリーとなっていた大迫がヘディングシュートを叩きこみ、相手の隙を突いた日本が先行した。

    先制した日本だが、直後には頭を打った遠藤航がプレー続行不可能となり、ストレッチャーに乗せられてピッチを後に。森保監督は代わりに塩谷司を送り出す。61分にはジャハンバフシュに直接FKを枠に飛ばされたが、ここもGK権田がファインセーブでゴールを死守する。

    すると日本は64分、ボックス左で仕掛けた南野のクロスにDFプーラリガンジの手が当たる。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)での判定の結果、日本にPKが与えられる。このPKを大迫が冷静にゴール右に決めて、日本がスコアを2-0とした。

    その後、リスクを冒して攻めてきたイランに苦しむも、最後まで気迫の守備でゴールを許さず、アディショナルタイムにはボックス左に進入した原口元気がダメ押しの3点目を奪取。日本はそのままシャットアウトし、完勝した。一方、43年ぶりの決勝進出を狙ったイランは2012年11月のブラジル・ワールドカップ最終予選ウズベキスタン代表戦以降、アジア勢に39試合無敗だったが、見事に森保ジャパンが土をつけた。

    アジア王者奪還に王手をかけた日本は、2月1日に行われる決勝でカタール代表vs UAE代表の勝者と優勝を懸けて戦う。

    ■試合結果
    イラン代表 0-3 日本代表

    ■得点者
    イラン:なし
    日本:大迫勇也(56分、67分)、原口元気(90+1分)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00010006-goal-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ★1がたった時間:2019/01/29(火) 00:51:45.48
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1548700978/


    【【サッカー】≪日本 3-0 イラン≫大迫の2ゴール+原口のゴールでイランを下し決勝へ! 2大会ぶり5度目のアジア王者まであと1戦!】の続きを読む

    このページのトップヘ